HOME > 生徒・保護者の声 > SFKインタビュー No.2

生徒・保護者の声

一覧へ戻る

SFKインタビュー No.2


SKPで徐々に自信を!


No.2 ふうち君(小学6年生)


算数や国語の勉強は好きだった?

  どっちも嫌いだった。

今はどうなの?

    今は、算数がちょっと上がってきた。だから少し自信がついてきてる。
    前は考えても答えが出なかったけど、最近は答えが出てくるようにもなってきた。

じゃあ、嫌いではなくなってきた?
  
    う・・・・ん、考えるのが楽しくなってきた。

いいね~~。それはFITで勉強しているとき?

    FITでも学校でも。 図形とかは特に。

宿題ほとんど出してないけど、どう?

    宿題はないけど、家では復習で大切なところをノートにまとめている。
    最初は、難しかったけど 復習を自分でできるようになってきた。
    
そう言って、まとめているノートを見せてくれました。
そういえば、最近 毎回行う確認テストをほとんど1回で合格するようになってきました。
自分で考えて行動に移し努力できる力は大きいですね。


学習ごとに毎回テストがあるけど、どう? いらない?

  ちゃんと覚えられているか確かめられるし、目標にもなっているからあった方がいい。

きっと、毎回のテストもしっかり意識して復習頑張ってくれているんですね。

スーパー飛び級学習は自分で読んで進めて行くよね。
やっていてどう?


  読みながら進めてるとだいたい分かってくる。
  でも分からないところも出てくる。

その時はどうするの?

    何度も読んでみる。そうするとちょっと分かってくる。
    
ただ何回も読み返しているだけ?

    【学習】のとこを注意深く読んでる。
    簡単な値に置き換えたりして問題を理解してみようとしたりもする。

 すごい!! そこまで分かって深く取り組めていたらしっかりと力をつけていけるね!

お家でお母さんはどんな様子なの?

    持って帰ったプリントを全部しっかり見てから(コメントを)書いてくれてる。
    お母さんが 一緒になって見たり、読んだり、考えてくれるのが嬉しい。
    分からないところとかは、僕に聞いてくる。
    
自分が頑張ってることに一緒に興味を持って考えてくれるの嬉しいね。
お母さんに聞かれたときはどうしてるの?


    説明してあげてる。 そしたら 「あーそういうことね」って言ってた。
    
お母さんに説明してあげてるときどう感じてる?

    お母さんは、分からんけど自分は分かってるって、、、何ていうのか嬉しい気持ち。
    
優越感かな?

    そうそれ!

12月からは中学生の勉強に移っていけそうだね。

    中学でも野球やりたいから、頑張る。

ちなみにタイピングの練習始めたけど、どう?

    おもしろい!!   

英語をはじめこれからの勉強のためだからな~~!(笑)


 ふうち君、ありがとう。 こんなことを言っては怒られるかもしれませんが、
彼は「勉強が得意!」って子ではありません(でした?) 
それでも今はコツコツと努力をし
「勉強ができる!」子になってきています。 
勉強ができる子とは、自分でしっかりと学習に向き合い、
試行錯誤しながら自分のスタイルを見つけ出そうと努力できる子です。
その結果が、成績にも徐々に表れてきています。
そして、ふうち君にはそんな彼に いい距離感で伴走してくれるご家族がおられます。
そんなご家族の思いが彼の不安な心に、少しずつですが自信という芽を芽吹かせ
育てていってくれています。 感謝です。

Fuchi1.png
Fuchi2.png