HOME > 国語

国語

すべての学習の基盤となり、豊かな人間性も育む国語教育

圧倒的な国語力&学習の基盤 + 感性と個性の研磨

語彙力・文法そして読解力の国語力の育成は、当然のこととして、学習の基盤である、読み考える力、推測する力、感じる力、発信する力、推敲する力など次世代の入試に対応する能力を育みます。また、国語特有の題材を通した疑似体験により、そこから得る感想や感情に教師が目線を合わせ共感・同調します。そうすることで、知育教育本来の目的である「豊かな人間性の育成」ができます。

国語は大きく2コースご用意しております。

小学生の国語

幼児でも国語力(語彙・文法・読解)がしっかり身に付く教材です。また、設問の工夫で、より広く・深い想いや考えを導きます。 『読む』とは何か、『覚える』とは何かを実感しながら、説明文、物語文の読解はもちろん、漢字の学習や詩を深く味わうこともしていただきます。

※国語の学習は学年関係なく、出来るところからスタートします。(1学年戻ったところからのスタートなどは当たり前です。)

漢字の学習

1文字1文字の意味をしっかりと理解し、それを含む熟語の意味を学んでいきます。 覚えることを第一とし、無駄な単純作業の繰り返し(ひたすら書く)ということはいたしません。ベストは1度見れば、1度書けば覚えるという深い観察力と、強い記憶意識をもった学習です。

説明文の学習

自分がこれまで知らなかった知識、見分を広げてもらいます。 低学年期は動植物などの題材も多く、理科の世界への入り口にもなります。 また学習後、学んだ内容、知った内容をまとめることや、図解することなども行っていただきます。

物語文の学習

とにかく読み終わった後に、どのようなイメージを抱いたか詳しく話していただきます。文字に書かれていなかった 色・温度・匂いなども含めどんな感覚をイメージできているかをアウトプットしていただけるように、聞き役に回ります。 また文字だけの世界を絵で表現していただいたりもします。

詩の学習

「詩とは何か」をしっかりと学んでいただき、その後 実際に詩を作っていただきます。 多くの詩に触れることで、まずは模倣から始められれば素晴らしいと思います。

学習範囲別 国語力の強化
1年生 語彙力の強化
2年生 説明文の読解強化
3年生 物語文の読解強化
4年生 抽象世界の読解強化
5・6年生 総合読解演習
語彙力について

小学校3年生までは問われる(考える)内容は難しくとも語彙レベルは、学年相当で事足ります。
4年生以降になると、物語では、登場人物が多くなったり、その上に、歴史的な場面背景が加わったり、説明文では、3年生までは実験的なものが中心なのが、自然科学や、大陸移動説などが取り上げられます。
そうすると、身近にない言葉が増えるので、高度な読解のために辞書などを使った語彙力の叩き込みを図る必要がでてきますが、漢字シートも含めて、国語の教材を真剣に深く使いこなせば、語彙力の強化に他の教材や参考書は不要です。

人間教育

十分な時間を活かし、国語の学習で、人を創る

1・2年生 いろいろな題材と向き合わせ(疑似体験で)視野を拡げる
3・4年生 《教科書採択の題材が増える》⇒ 道徳そして倫理的観念を伝える
5・6年生 豊かな感情や感受性そして知恵のもとである思慮深さを育む

使用します国語の教材テーマは、語彙力と読解力の強化はもちろんですが、その上に題材の選択だけでなく設問を工夫することにより、学習を通した深い疑似体験によりいろいろな分野への興味を引き起こすことです。また、文学の学習を通して、道徳・倫理的観念を伝え、心の正しい発達を促し、そこから感情や感受性や知恵の基となる思慮深さを導くことも目的に創られています。
したがって、講師、親御様がこどもたちの学習に寄り添うことで、より高いレベルでそれらを実現します。
人が持つべき深い感受性や思慮深さを養いながらタフな精神と知恵をもつ人を育みます。

国語読解講習(小学生高学年~高校3年生)

    • 1. 語句の意味
    • 2. こそあど言葉 指示する語句 指示語
    • 3. つなぎ言葉 接続する語句 接続語句
    • 4. 語句・文を補う/語句・文の補充
    • 5. 理由を考える 理由吟味
    • 6. 言葉の内容を考える 具体内容
    • 7. 表現のたとえ 表現吟味 比喩吟味
    • 8. 人物の気持ち 心情・心理
    • 9. 人がらと性格 人物吟味
    • 10. 対応・対立する言葉 対応・対立関係
    • 11. 段落内容と要点
    • 12. 場面の情景
    • 13. 場面の変化 場面区分
    • 14. 段落分け 段落区分
    • 15. 文章の組み立て 文章構成
    • 16. 文章のねらい 要旨
    • 17. 主題・鑑賞
    • ※小学生から高校3年生レベルまで学べます。

17項目をそれぞれのレベルに合わせて、効果的にかつスパイラルに学習することで読解力を確実に引き上げます。