HOME > 塾長ブログ > くずは校 > 飛び級特進スクールFIT 有料体験までの流れ

塾長ブログ

一覧へ戻る

飛び級特進スクールFIT 有料体験までの流れ

先週2回の体験にお母さんと一緒に来てくれた小学校6年生のY君。
お母様は、素敵なことにしっかりと息子さんの将来に夢を描かれ、
まずは通過点として公立高校のトップ高にと考えられています。

来られる前までは、家販教材で自宅学習をされていたとのことで、
自読考®で学んでいただく飛び級特進スクールFITの学びにも
スムーズに入っていかれました。

2回の有料体験、初回は中学校の数学を体験。

① e数学ラボで、しっかりと初めての分野を学びます。
例題は文理コースレベル。
体験時は、お母様も一緒に学んでいただきました。
② 学んだ内容、新しい用語について、話していただき
内容が理解できているか確認。
話してくれた内容をノートに書いてもらいました。
③ トレーニング問題(類似問題)で学びを定着。[タイム測定]
④ 問題集のハイレベル問題に挑戦

どのような流れで、どのような意図を持って学ぶのか、
生徒さんだけでなくお母様にも把握して頂きます。

2回目は、国語の体験

読解演習。読解に必要な17項目の学習です。
他にはない、項目ごとの重点学習。
しかも小学生高学年から高3レベルまでのスパイラル学習での定着。
その初級を体験していただき、自分の本当の国語力を実感していただきます。

※ 希望者は2回目に英語の体験も可能です。

飛び級特進スクールFITでの一念発起教育(高学年~高校生)コースの体験では、
真摯に学びに向き合う覚悟がいることを実感頂けると思います。
こちらも、その意思があるのか、覚悟があるのかを見させていただきます。

Y君は、小学生時代に大手学習塾の季節講習などに参加経験があったようですが、
「こっちの方がぜんぜん集中してできる!」と
家に帰ってからもやや興奮気味だったようで
今週からは、笑顔で通ってくれています。

飛び級特進スクールFITでの学びは特殊です。
したがいまして、資料請求を頂いても、資料のみの送付は行いません。
メールでの相談とご提案。その後 来塾頂いての説明となります。

Yくんのお母様からも資料請求があったのですが、
メールでのご相談と、学習プランの提案をさせて頂いたうえで
教室にお越しいただき、再度詳細に、
お子様と保護者様の進路希望なをお聞きし、
それに対して必要な学習・学力のご説明。
飛び級特進スクールFITの学びに対する考え方や、学習方法をお伝えさせて頂きました。

その後、2回の有料体験(10,000円)※入塾の際は入塾金に充当。
入塾という流れになります。
本気で学びと向き合いたい方、
集団塾やましてや個別指導塾では本当の学びができないとお思いの方は
ぜひ、ご相談に。そして体験にお越しください。

今週から通い始めてくれているY君。
中学入学までに半年分、貪欲に取り組めば1年分のアドバンテージを^^

 

中学準備飛び級チャレンジ講座

中学準備飛び級チャレンジ講座b