HOME > 塾長ブログ > くずは校 > ご両親の信頼のもと安心して自ら学ぶ4歳の生徒さん

塾長ブログ

一覧へ戻る

ご両親の信頼のもと安心して自ら学ぶ4歳の生徒さん

最近は、インスタでの投稿が多くなり
ブログの更新ができていなかった 😥 
というか放置しすぎでしたね^^;

ということで、本日はブログから。

 

FITで不定期に開催しております知育教育セミナーに
ご参加いただき、ご夫婦そろって、
スーパー教育🄬 の理念に共感くださり
そして、すぐにトライアルに参加。

 

スーパー教育🄬 の理念に共感いただいたということは
『本来の学び』、『幼児期の学び』の大切さと
その時期からの子供との向き合い方に、
「あっ、そうだ‼ そうだよね!」と
思っていただけたようです。

 

そして、我々スーパー教育🄬を推し進める者と同様に
子供さんの能力を素直に信じて、
未来に大きな夢を見ておられます。

 

4歳のゆうき君。
トライアルから、いよいよ本科コースに。

 

しっかりしているようで、それでも
まだまだ甘えん坊。 これまでは
教室の後ろからママとパパに見守ってもらていました。

 

ところが、今日は中学生が試験前なので
朝から教室に、お兄ちゃんお姉ちゃんが。

 

いい機会なので、ご両親には1Fで待機していただいて
ゆうき君 一人で2Fの教室に来てもらうことに。
僕は、挨拶をした後は、2Fの教室で待っています。

 

まぁ、予想通り寂しがり、甘えん坊が発動。

 

それでも、ママとパパに言葉をかけてもらい、
背中を押されて、一人で階段を上がってきました。
(ここで一緒にくっついて来ないで、
 送り出せるご両親もさすがです。)

 

中学生達を背に、一番前の席に座って、
ひらがなの学習に。

 

座って、教材を前にしたところから
目は真剣モード。
弱虫さんは消えました。

 

そういえば、お母様が
「教室から帰った後は、キリッとして、、、」
「成長を感じるんですよね~。」
と先週 仰っていた言葉が思い出され、
教室でも、授業ごとの成長が見られるので
お母様 今度は、どんなことを感じられるのだろう??
と楽しみになりながら、
ゆうき君の学びを見守っていました。

 

今日は、難しい「あ」や「お」にも挑戦!
お手本をじっくり観察し、書くことができていました。

 

 

教室に入ったら、何をしなきゃいけないのか
どうすべきなのか、ちゃんと場の空気を
感じとることもできるようになっています。

 

いつもは元気にはしゃいだり
大きな声で弱音をはいたりもしていたのですが、
今日は、威張るの、喜ぶのも、弱音をはくのも
ヒソヒソ声。
後ろのお兄ちゃんやお姉ちゃんの邪魔はしません。

 

できたで!
これは、ゆうきの「き」やで!
むずかしい~~

 

全部ヒソヒソ声。
その代わりに、笑顔だったり、ドヤ顔だったり 😀 
表情豊かでした。

 

 

前回 途中で挫折しちゃった
ひらがなの続きから、今日新たに学んだ ひらがな。
国語のお勉強たっくさんしたから、
算数はできなかった・・・

 

「さんすうはお家でやるから、持って帰る!」
今日の授業でするつもりで用意していた教材を
カバンの中にしまっちゃって、
ヘトヘトになりながらも、
まだ気持ちは萎えていないようでした 😛 

 

今日は、授業後 正真正銘
ひとりで頑張った成果を、パパとママに自慢です^^

 

 

一階からそんなゆうき君の頑張りを認めてあげる
ご両親の声がたくさん聞こえてきました。

 

 

❝すきっぷ❞ のトライアルは、ご予約のうえ、
日曜日や平日の午前中でも可能です。
週末のご予約、数件 頂いておりますので、
ご希望の方はお早めにお願いいたします。