HOME > 塾長ブログ > くずは校 > 中学生ハイレベル口頭英作授業

塾長ブログ

一覧へ戻る

中学生ハイレベル口頭英作授業

 普段は、個人個人でしっかり自立して学習。

けれども、時折、みんなで口頭英作の練習をします。

先週は、中学1年生と上記の3枚分を3時間で一気に。

練習中、訳した文章は一切書きません。

書く余裕も与えませんし(笑)

 

スーパー教育®で学習してる FITの生徒たちは、

すでに教科書を完全に暗唱し、

TLT学習で文法や単語も時間も意識して暗記できています。

 

口頭英作の授業では、英文を書くことなく

瞬発力をもって文章として組立て、発することができるように練習します。

無意識に時制の変化ができていたり、

主語が単数の時の動詞の語尾変化ができたり、

否定文や疑問文への変換ができるように。

 

この形式の授業は、ずっと以前からしていたのですが

以前は、月に数度に分けて授業を行い、

こちらが次々に生徒を指名し授業を進めたりといった感じですが

スーパー教育®で学習し出したFITの生徒たちは

指名せずとも、次々に挙手をして発言し

回転よく授業が回っています。

 我慢できない子は、挙手することもなく英文を口走っています。

いや、、、我慢できないじゃないですね・・・

条件反射的に、すっと英訳出来始めています。

 

それに 指名され、英訳した生徒さん以外も、

都度、自分で口に出して反復してその場で

身につけよう、覚えようと積極的です。

 

授業中はそんな子供たちの成長が嬉しく

核になるポイントの整理とともに、普段学習できていない

語法の説明や、今ならって身につけている文章が

実際の生活の場ではどのように利用できるか、

今学んでいる内容を上の学年ではどのように発展させるかなど

プラスαの要素が多くなります。

 

版書もするのですがほとんど殴り書き。

書いている内容より、口頭での説明の方が

ボリュウムたっぷり。

ですから、生徒たちはずっとペンは持ちっぱなしで

ノートに書き留めています。

これも数学ラボの学習ですでに身についている習慣。

このメモが、後で、英作をすべて筆記するときや

ノート整理の時に重要になってきます。

 

こちらも生徒たちに隙を与えてもらえず

写真撮る暇なし^^;

 

生徒たちノートの方がはるかに綺麗に

まとまっていました^^;

 

授業後、100近い英文を今度は筆記。

書くのも早く、ミスなく出来るようになってくれるかな^^

 

さて、小学生の中にも中学生の教科書の

暗唱がどんどんできるようになっている生徒さんが

増えてきているので、

次回からは 学年飛び越して

中学生の口頭英作の授業に小学生も入れて

同じレベルでの学習を進めて行こうかな^^