Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

HOME > 塾長ブログ > くずは校 > 学びから得る本当の『自立』

塾長ブログ

一覧へ戻る

学びから得る本当の『自立』

 飛び級特進スクールFITで邁進しております

スーパー教育®では、就学前(幼稚園児の間)の

完全なる『自立』を勉強を通して育んでいきます。

スーパー教育®でいう『自立』は、

巷で言われている「自立学習」などという

名ばかりのものではなく、

勉強は、『自己責任』である

と、かなり厳しいものでもあります。

 

 極論、中高生の定期テスト対策など

過保護にする気もないですし、

テストの点数が悪ければ己が悪いのです。

 

 自分を誤魔化さず正直に、勉強を積めている

生徒さんは必ず結果を出すこともできます。

 

 逆に、勉強をしたふりだけをしている、

勉強をした気になっている、

勉強をさせられている

そんな子供たちは時間を費やしているだけで

結果は伴いません。

 

 これだけ言うと冷たいように思われるかもしれませんが、

スーパー教育®を真正面から取り組んでいるFITでは、

その当たり前をしっかりとできるように、

ステップを踏んで『自立』を育んでいきます。

そして今やその完成を就学前に行えるようになってきています。

 

 さて、、、ではどのようにするのか?

それは学習の採点時に秘密があります。

FITでは個人の成長とともに段階的に『権利』が与えられます。

そして、その権利の最たるものが

『自己採点』です。

 

 学習開始から、いくつかのステップを踏んで

『自己採点』をする権利が得られます。

その自己採点も、決められた『採点席』で行えるのです。

つまり、その席に行くことができるのは、

認められた者だけなのです。

 

 認められるまでは、決められたスパンで

先生のところにやってきて、先生に採点をしてもらいます。

この段階ではまだまだ先生にコントロールされている感じですね^^;

 

自己採点席ではパソコンを操作しながら

自分だけの管理ページを開いて行います。

子どもたちは、そのことも嬉しいようです^^

 

 採点席では、◯か✓かのみを付け

間違えた問題は、そこで解説の確認をし、

また自分の席に戻ってから

訂正と正しく解くための解説付けを行います。

 その後、先生のもとにもってきてもらい

どんなことが分かったのか、話をしてもらいます。

 

 もちろん、最初の採点の段階で満点だった生徒さんは

すぐに先生のところに、笑顔で報告! 自慢?しに

持ってきて話してくれます。

 

 つまり自己採点ができるようになった生徒さんは

先生のところに来るのは、報告と自慢のみになり

だんだんと先生からも離れて、自分で進めていきます。

先生から離れられるということは、

自分の学習に没頭でき、邪魔されずに

『知ることの喜び』を繰り返し感じられるのです。

 

 

 そして、その自立は、日常の生活にも

いい変化をもたらします。

 

 ある子は、お迎えの時間、いつもパパやママに

上着を着せてもらっていた子供も

自分で上着を着、手袋をつけ、ヘルメットをかぶって

独り立ちです^^

 

 またある子は、小さな手でゴミ箱を持ちあげ、

机の上の消しゴムのカスなどを捨ててくれます。

自分の物だけでなく、他の子の残っていたものまでも。

 

 またある子は、次回授業の準備も、

それまでは先生がしていたものを

自分で次回分の教材を準備してから

帰るようになったりもします。

 

 今日もまた一人、卒園前に

『自己採点』をはじめた生徒さん。

先生に、パソコンの操作も教えてもらって

一生懸命^^

自信を持って、堂々と小学校の入学を待ちます。