HOME > 塾長ブログ > くずは校 > 家庭学習の薦め

塾長ブログ

一覧へ戻る

家庭学習の薦め

お昼、1年生の娘さんを持たれる

お母様が学習の相談に来られた。

 

思うように学習が進まない娘さんの様子が

分からないことに苛立ちを感じているように、

幸福に過ごしているように感じられないと

お母様に目には映っているようで。

 

コロナの影響で、夏休み明け後も

オンライン授業となったり、日替わり登校。

不規則な学習リズム。

ますます気持ち的にも前に向けない要因が生まれています。

 

お母様が見られたいのは、

できるよ!という自信に満ちた凛々しい顔。

わかった!という喜びに目をキラキラさせる顔。

学びに不安がないから生まれる安心した屈託のない笑顔。

 

ただただそれだけのことを望まれているのです。

今の状況はお母様自身にも苦しい日々のようです。

 

で、まずはお声がけしたのは

「今でよかったです。」

ということ。

 

理由の1つは、

小学校1年生の今なら、場当たり的な課題学習(押しつけ学習)でなく

完全に自立した楽しめる学習に変えられるということ。

 

そして、もう1つは、

コロナ渦中であるということ。

 

ご提案できるのが、家庭学習に重点をシフトすること。

飛び級特進スクールFITで推奨するのは

「毎日学ぶ」

そのためには、教室(スクール)に来ていただく時だけでなく

来られない日はお家で学ぶ習慣(=家庭学習)が必要です。

 

小学校1年生のころでしたら

これがまだ「日々の習慣」として自然と

子供たちは取り入れられます。

 

お話を聞いていると、今もお家で

毎日1時間弱タブレットで学習をされているとか。

しかもお母様と娘さんの約束事として

4レッスンは毎日こなすということ。

すごいですよね!!

毎日そのペースで頑張れているなら

当然先取り学習ができているはず。

 

しかし、そこにあるのは現行教育の悪癖。

毎月決まったところまでしか進めません。

残った時間(日々は)、

間違った問題がストックされているので

間違ってストックされた問題を見て、

「あー、この問題ができていなかったんだね。」

と声掛けしながら間違った問題を解き直しておられるとか。

 

これではお子様にかけられる言葉が

無意識に負の言葉。

欠点の指摘の連続。

当然楽しくないですよね。

 

家庭学習においても最も重要なのは

肯定的な言葉のシャワーをかけてあげること。

 肯定的な言葉のシャワー 難しくないですよ!

子供たちの学びはスパイラルで何度も学べるようになっています。

1単元1単元完璧を目指さなくてもいいんです!

例えば漢字の練習。

「ママはこの漢字が一番好きだわ!」

「ここのハライかっこいいね!」

と気に入ったものに、気に入った部分に〇をつけて

あげるだけでいいんです。

 

とは言っても、さらに小さな下の子が居られ

家事をしながら1年生の娘さんの学びに

寄り添くことができないんだとか・・・

 

しかし、それはお母様の不安・恐れからくる固定概念なんですよね。

学びに寄り添うということは、つきっきりになることではなく

関心を向けてあげること。

そして学びが終わったときに、

至福のひと時、つまり妹からお母さんを独占できる瞬間を

作ってあげればいいのです。

 

そして、家庭学習を実現させるのに必要な

もう一つがスーパー教育®で用いられている

一切教える必要のないスーパー教材です。

 

学びの時間とルール決めをまずはしっかりと決められ

お母様、ご家族が正しい認識を持たれ、お子様を信じ

スーパー教材とお子様に学びを任せられれば

確かな家庭学習が習慣づけられます。

もちろん、ご本人もお母様もキラキラした日々を過ごしながら。

 

飛び級特進スクールFITでは

教室で直接お子様に学びの姿勢を身につけていただき

時にはお母様にも参加いただき、

またお母様、保護者様には、お母さん先生検定も

受けていただけます。

そのうえで、家庭学習、『毎日学ぶ』を実行いただけるように

お支えいたします。

 


さて、飛び級特進スクールFIT 香里園校

夕方のレッスン後、仲良し1年生コンビ

かんちゃんとはるくんたくさん学び、たくさんの笑顔。

「来週は祝日が多くてお休みだね~」 

と言うと、

かんちゃん

『あっ!じゃあ家でやる分も印刷して 持ってかえっておこう!』

 (まだ自宅でプリンタアウトできないので…)

 

『3日分、4日分持って帰る! はるくんは!?』
「じゃあ1日分」
『え~~、そんだけ?
 僕は算数4日分、国語3日分、もっとしようかな?
 はる君それだけでいいん⁉』
「うん、、、、」
めっちゃプレッシャーかけるやん(笑)

しかし、実は はる君、

すでにお家でもしようと3日分プリントアウト済ませていたのです^^

2人とも、家庭学習を恐れていません。

子供たちは自ら学び続けようと知ることを楽しんでいます。

またお迎えに来て下さったお母様たちも、

家庭学習に向けてたくさんの教材を手にした

お二人を見ても驚かなくなってこられました。

「すごーい! 頑張ってね!」っと応援のエール。

どちらのご家族とも下に小さな弟さん妹さんが居られます。

最初は家庭学習を不安がっておられましたが、

今はそんな不安はないようです。

 

仲良しコンビでありながら一番のライバル。

教室でも、家庭学習でも学びを進め

どんどん成長していってくれ!^^