HOME > 塾長ブログ > くずは校 > 毎日学ぶで本当の文武両道

塾長ブログ

一覧へ戻る

毎日学ぶで本当の文武両道

あることを極めようとするうえで大切なことは?

必要不可欠なことは?

当たり前のようにやっていることは?

 

それは簡単です。

 

毎日することです!

 

小学生のRくん。足も速く陸上をしても学校でNo.1!

でも彼が目指すものはサッカー選手。

 

だから学校が終われば、バスに乗って

毎日サッカーの練習に通っています。

彼にとってはこれが日常。

 

きっとしんどい時もあっただろうが

壁にぶつかっても、日々その努力を重ねている。

だから、成果も出て周りから評価もされる。

毎日するから、壁を打ち破ることを苦と思わずに

挑戦し続けられる。

 

そんなR君。

「ただサッカーができればいい!」とは思っていない。

『新しいことを知る』喜びもしっかりと感じられる。

 

週に1度、学校が終わり、練習に行くまでの90分

飛び級特進スクールFIT 香里園校へやって来て

中学生の数学の勉強に没頭している。

しかし、彼が勉強しているのは教室だけではない。

教室に来るほどの時間がとれない他の曜日でも

自宅で、練習前や練習後に勉強をしている。

 

だから教室はその日々の学習の発表の場でもある。

飛び級特進スクールFITでは『毎日学ぶ』を推奨している。

通塾回数を確保しきれない状況でも勉強することは

教室でも自宅でもできる。

 

ここでいう自宅での学習は

宿題や復習、予習といったことではない。

『新しいことを知る』喜びを感じるための

教室と同様の通常の学習です。

 

しかしながら、本人の誤った勉強方法、

それを見守る親御さんの誤った見識、

誤った寄り添い方では自宅での学習は

ネガティブ感情しか生み出しません。

 

お子様本人には、教室での学習を通じて

親御様には『お母さん先生研修』などを通して

正しい学びと正しい寄り添い方を身につけていただきます。

 

そうそう、話をR君のことに戻しますが、

自立して学ぶための芯がしっかり育ってくれたので

教室に来てからも、

「●●まで勉強してきました。」

「今日は○○をします。」

などと話してくれたら、自分でガンガン

勉強を進めていきます。

終了間際に、学習して感じたことを話してくれたり

その後のサッカーの練習の話などをしてくれたら

元気よく挨拶して

バス停まで走って行っちゃいます。

 

小学生の背中なのに大きく逞しく見えます。

 

お母様からも

「大学まで見ていただけるので安心しています。」

と嬉しいお言葉もいただけ、

Rくん本人だけでなく、親御さんも

サッカーだけでなく

学業もしっかりやっていきたい!

という気持ち、方向性を持って頂けていることが

嬉しく感じます。

 



文武両道を実現するためにも

教室でも自宅でも実践する『毎日の学び』は大切です。

 

そしてそのために大切なことは

親御様が正しい知識を持つこと。

親御様の正しい寄り添い方。

そして何よりも、親御様がお子様の将来に夢を描いて信じられること!

 

そんなことがしっかりできるように

2020年11月28日・29日と

知育教育セミナー ~お母さん先生研修会~ を開催します。

ぜひご参加ください。